自分を愛したら、人生変わった。

美容と映画と本と美味しいものと、自分を高めるものたち。

『CANMAKE(キャンメイク) リップティントシロップ [02] ストロベリーシロップ』を試してみました。

『ティント』が世間では流行っている、ということで、お手軽に買えるものから試してみようと1つ買ってみました。

 

ティントとは?

まず試す前に「ティント」というものの意味が分からなかったので、調べてみることにしました。

ティントTint」=  染める という意味。

口紅は、唇の表面に色をつける

ティントは、唇の角質を染める

という違いだそうです。

 

CANMAKE(キャンメイク) リップティントシロップ [02] ストロベリーシロップ 650円(税抜)

f:id:ritsuka00:20170706211205j:plain

今回は、お手頃なお値段で買えるティント、ということで『CANMAKE(キャンメイク) リップティントシロップ [02] ストロベリーシロップ』を選択。

このシリーズでは、

[01] サクラシロップ

[02] ストロベリーシロップ

[03] アザレアシロップ 

[04] ポピーシロップ

4種類が出ています。

私が今回ストロベリーシロップを選んだのは、個人的な色の好みです。

f:id:ritsuka00:20170706215527j:plain

唇につける部分のスパチュラは、ちょっとザラっとしたヘラのようになっています。

使い方

グラデーションリップの作り方
(1)コンシーラーで唇の色味を消しておこう。
(2)唇の内側にリップティントシロップを塗ります。
(3)全体になじませるように上下の唇をすりあわせます。
(4)時間とともに発色UP!内側からじんわり発色したような唇に♥

CANMAKE(キャンメイクHPより)

実際に試してみました

写真の画質が悪くて申し訳ありません。

顔の写真を撮って、トリミングしているので画質が悪くなるのかも。

 

↓↓何もしていない状態の唇↓↓

f:id:ritsuka00:20170706213829j:plain

 

↓↓ティントをつけてから約1、2分後↓↓

f:id:ritsuka00:20170706214256j:plain

ティントをつけて数十秒は透明です。

角質を染めるからか、ティントをつけてから数十秒後くらいから、唇がじゅわ~っと若干しみるような感覚があります。

しみる、と表現しましたが、痛みはありません。

言葉で伝えようとすると難しいですね。

じわじわと唇が疼く感じ?かな。

↓↓ティントをつけてから約2時間後↓↓

f:id:ritsuka00:20170706214945j:plain

ぷるぷる感はなくなっていますが、色は少しついています。

ただし、ティントをつけてからこの間、

飲食をしていない状態なので、飲食をするともっとはやく落ちてしまうかもしれません。

写真を撮ってはいませんが、後日すぐに飲食をしたところ、色味もすぐに落ちてしまったように感じました。

以上の結果から、短時間であれば、有効に使えそうです。(飲食はしない方が良いです)

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩