自分を愛したら、人生変わった。

美容と映画と本と、自分を高めるものたち。

美容室の重要性を身をもって知った話(2017年6月23日)

女性であるかぎり髪が綺麗なのは、美人への一歩

今日は、身をもってそう感じました。

 

美容室に行かなかった理由

今まで行っていた美容室が、2年ほど前になくなり、それから自分で髪の手入れをしていました。

自分で髪を切り、ゴワゴワしているなと感じたら、市販のトリートメントを使い、なんとかごまかしていました。

市販のトリートメントもかなり優秀で、私の救世主は「プロカリテ」のトリートメントでした。

1000円以内で買えて、髪の仕上がりも良く、なんといっても即効性があります。

そんなお手頃救世主に甘えすぎてしまった私は、「なんだ、自分で出来るじゃん。」と勘違いし、

・髪型なんて、そんなに他人に見られていない

・いつも同じ髪型だから、自分で切っても変わらない

・似合わない髪型になっても、切るのを失敗しても自己責任だからいいや

・美容室はお金がかかる

・美容師さんと話すのが苦痛

…とこんな理由を並べ立てていたのです。

 

美容室に行こうと思った理由

騙し騙しなんとかやってきた私の髪も、そろそろ限界がきたのか、

・どんなにトリートメントをしても、ゴワゴワしっぱなし

・全体的に髪が痛んできた

そして一番大きな理由が、

「2017年、美容と整形と色々頑張っているのに、一番日常的に目につくであろう髪には無頓着だったな」

と、ふと思ったからでした。

 

芸能人と比べてしまうと、月とスッポンですが、髪が綺麗な人ってポイント高いですよね。

私は以前、こんな記事を書いていました。

 とある2人が、同じ香りのヘアトリートメントを使っていたとします。

髪がボサボサな人と、髪がうるツヤな人とでは、

髪がうるツヤな人の方が、より良い香りがしそう

だと思いませんか?

 

今まで並べ立てていた「美容室に行かなかった理由」が、どんなに愚かな考えだったのかと、急に後悔し始めました。

そして気がついたら「ホットペッパービューティー 」で、仕事後に行ける美容室をぽちっと予約していました。

これが2日前の話。

いざ、美容室へ

初めて行く美容室だったので、緊張していましたが、着いてしまえばもうどうにでもなりますね。

美容師さんには正直に、2年ほど自分で髪を切り、手入れをしていたことを話しました。

とりあえず今回は、バラバラになっている髪を揃えてもらうのと、トリートメントでゴワゴワ感を和らげてもらうことになりました。

自分では切ることが出来ず、伸ばしていた前髪もどうするか相談し、顔のラインにそって顎くらいまでで切ってもらうことに。

 

改めて感じたこと

 いやぁ、誰かに髪を洗ってもらうのって、こんなに気持ちよかったんですね。

自分で髪を洗うと、ちょっとさっぱりはしますが、毛穴の汚れが取れるようなさっぱり感まではいかなかったのに、洗ってもらうとあらサッパリ!!

そして、髪を切ってもらった後は、頭が軽い!!!

美容師さんとのお話しも、無理して話そうとしなくても良かったし、ドライヤーで髪を乾かしてもらっているときは、仕事の疲れもあり、寝てしまいそうでした。

 

どんな感じになったか

切ってもらう前の髪↓↓

f:id:ritsuka00:20170623233241j:plain

 はい、ぼさぼさです。

後ろから見ると、やはり髪が切り揃ってないのが丸分かりですね。

そして、

切ってもらった後の髪↓↓

f:id:ritsuka00:20170623233449j:plain

するっとまっすぐになっています。

私が自分で切っていた時の髪の長さが長い部分と短い部分とあり、バラバラだったので、なるべく揃えてもらうようにお願いし、こんな感じになりました。

 

 ヘアケア用品の購入

今回は、カットとトリートメントだけで、買うつもりはなかったのですが、髪を乾かす際にお試しでつけてもらったら、かなり良い感じだったのと、割引があるとのことで、購入してしまいました。

f:id:ritsuka00:20170623235236j:plain

株式会社ミルボンの「エルジューダ メロウセラムのヘアトリートメント。

おまけでコームももらっちゃいました。

f:id:ritsuka00:20170623235436j:plain

髪を乾かす前に、髪の根元からつけて使います。

私の髪型はショートではないのですが、1回の使用は2プッシュで十分とのこと。

とりあえずしばらくは、今回綺麗にしてもらったツヤツヤ髪を維持していきます。