自分を愛したら、人生変わった。

美容と映画と本と、自分を高めるものたち。

はじめてのエラボトックス注射をしてきました。

次回から、ようやく矯正装置の取り付けが始まる矯正歯科にて、

食いしばり、歯ぎしり

をしていると言われた私です。

 

今まで知らなかったことなので、指摘されて嬉しかった半面、寝るときに装着する、食いしばり、歯ぎしり防止用のマウスピースを渡され、そこまでするほど酷いのかと少し落ち込みもしました。

 

そこで、エラボトックス注射をすることに決めました。

 

なぜかというと以前、美容・整形関係を調べていて、エラボトックス注射は、

小顔効果だけでなく、

食いしばり、歯ぎしり軽減にもなると知ったからです。

 

エラボトックス注射は、

顔のエラ部分に、筋肉の働きを抑える作用を持つ薬剤を注入します。

筋肉の働きが抑えられることにより、エラ部分が小さくなり、小顔になる・食いしばりや歯ぎしりが軽減されると言われています。

【筋肉の動きを完全に止めるわけではないので、日常生活(会話や食べ物の咀嚼)には影響はありません。 】

 

 カウンセリングへ

 目星をつけていた、とあるクリニックを当日施術希望で予約し、カウンセリングに行きました。

他のお客様と会わないように、カーテンで仕切られた個室へ案内され、簡単な問診票と同意書を記入。

 

その後、診察室兼施術室へ案内され、先生と対面。

長身で、笑顔が爽やかな、男性の先生でした。

カウンセリングでは正直に、

・食いしばり、歯ぎしりで悩んでいること

・エラボトックス注射をすることで、食いしばりや歯ぎしり軽減と、小顔になる効果を望んでいること

・実施するにあたり、顔が丸く頬骨が張り、歪んでいるので、実施して大丈夫か少し不安であること

を伝えました。

 

回答としては、

調べていた通り、食いしばり、歯ぎしり軽減になり、小顔効果もある。

顔の感じを見る限り、実施して問題ないとのことでした。

 

自分なりに納得したので、施術料金を支払い、当日施術をしてもらうことに。

 

エラボトックス注射の薬剤の種類

このクリニックでは、エラボトックスで注入する薬剤の種類が3種類ありました。

「ニューロノックス」「ボトックスビスタ」「ゼオミン」の3つです。

 

「ニューロノックス」:韓国製で料金は安い。

成分は、ボトックスビスタと似ている成分が入っているとのこと。

 

「ボトックスビスタ」:アメリカ製でこれが一般的。

日本の厚生労働省からも認可を受けていて、安全性がとても高い。

 

「ゼオミン」:ドイツ製で料金は高い。

ボトックスビスタでは、抗体が作られると効果が薄れるという問題があり、その問題を解決できる(より抗体が作られにくい成分が入っている)のがこれ。

 

今回、私は「ボトックスビスタ」を選択しました。

 

いよいよ施術へ

 エラ部分の化粧を簡単に落とした後、再度、診察室兼施術室へ案内され、いよいよ注射へ。

 

その前に一応、顔写真を撮られます。(次回の経過観察用?)

そして、診察台に寝転がり、先生とお話ししながら、オプションで付けた笑気ガスを吸います。

笑気ガスは、注射時の痛みを軽減させるものです。

お酒に酔った時のようなフワフワとした感じになり、ガスが効いてきたところで、注射部分を少し冷やしてから、エラ部分にそれぞれ1度ずつ注射。

 

・・・ぜんぜん痛くありませんでした。

部屋に入り、顔写真を撮るところから注射終了まで、5分もかからなかったと思います。

終了後はすぐに帰宅してOKでした。

 

施術後

帰り道に、恐る恐る注射したところをそっと触ってみると、薬剤を注入したからか、若干膨らんでました。

効果が出るのは、1か月後くらいからだそうです。

 

また、1回だけでは効果は薄く、季節ごと位の間隔で注射すると良いとのこと。

小顔マッサージに行きたい場合は、注射後10日以降であればOK。

(小顔マッサージにも行きたいなぁと考えていたので、つい質問してしまいましたが、優しく答えてくださいました。)

 

施術後から1時間後、食事をしましたが、なんだか「顎がかなり疲れてる!?」と分かるくらい咀嚼がしづらかったです。

しかし、口が開かない、食べられないというほどではなく、会話も問題なかったです。

さっそく効果が出ているのかも?

 

また3・4か月後くらいに、同じ先生に注射してもらいたいと思えるクリニックでした。

まずは、1か月後の状態を楽しみにしています。

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩