自分を愛したら、人生変わった。

美容と映画と本と美味しいものと、自分を高めるものたち。

マーベル映画好きは必見! 『マーベル展』に行ってきました。

先日、六本木ヒルズ展望台にて開催されている「マーベル展」に行ってきました。

f:id:ritsuka00:20170502005102j:plain

実は、以前記事を書いた、国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」からはしごして、「マーベル展」に行っていたのですが、こちらは記事を書いていませんでした 。

「マーベル展」は、2017年4月7日~6月25日まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティービューにて開催中です。

 

私が六本木ヒルズ展望台に来たのは、今回で2回目です。

2015年に開催されていた「NARUTO展」、「スターウォーズ展」に行ったのが1回目でした。

 

今回の「マーベル展」を見にきている方は、外国人の方が多かったような気がします。

(平日だったからかもしれませんが)

 

入口から中に入ると、高さ5メートルの特大アイアンマンがど真ん中にいます。

f:id:ritsuka00:20170502005323j:plain

逆光で上手く撮れなかったです。

10分?に1回くらいの間隔で、必殺技が手のところから出るような、光の演出があります。

 

展示品の入口の壁にはスパイダーマンが。

f:id:ritsuka00:20170502005546j:plain

更に進んでいくと、まずはコミックスの出版の歴史を年代別に見ることが出来ます。

実際の歴史背景や、当時の戦争や社会の考え方に左右されて、それぞれのマーベルヒーローが誕生していたんだなぁと改めて知ることが出来ました。

 

そして、ヒーローの紹介、マーベル映画としてのコンセプト・アート、インタビュー映像、映画紹介映像、映画で使用された衣装の展示と盛りだくさん。

f:id:ritsuka00:20170502015301j:plain

特に、今注目すべきは、やはり「スパイダーマン」でしょう。

日本では、映画『スパイダーマンホームカミング』が2017年8月11日に公開されますが、その予告映像や、インタビュー映像、スパイダーマンスーツ衣装の展示を見ることが出来ます。

 

私は、「マイティー・ソー」にロキ役で出演している俳優、トム・ヒドルストンが好きなので、ロキの衣装を見ることが出来てとても満足しました。

他のキャラクター衣装の展示も豊富で、かなりの数のキャラクター衣装があったんじゃないかと思います。

スターウォーズ展でも感じていましたが、男優さんの衣装は、みんなどれも大きい!

ただし、私がキャラクターとして好きなデッドプールはなかった…。

 

衣装といえば、1つ訂正しておきたいことがあります。

それは、ブラック・ウィドウ役の女優、スカーレット・ヨハンソンについてです。

 

他の映画感想記事で、「ゴースト・イン・ザ・シェル」の感想を書いたときに、主役のスカーレット・ヨハンソンの体系について「ボンキュッボンでもなく、スラっと華奢でもなく、その中間」と表現しましたが、それは間違いだったかも。

だって、ブラック・ウィドウのスーツ、スパイ時に着用していたドレスがめちゃくちゃ小さかったんです。

腰の部分がきゅっと締まっていて、細い!!

実際に本人に会ったら、とても小柄なんじゃないかと思いました。

 

その他、コミックスの原画や、日本の漫画家、イラストレーターのコラボイラストも見どころですよ。

 

すべての展示をぐるっと見終わると、最後にグッズショップに入ることが出来ます。

展望台の階のグッズショップと、帰りにエスカレーターを降りたところの50階にある、期間限定の「MARVEL 六本木ヒルズ ホットトイズストア」の2か所でグッズが買えます。

f:id:ritsuka00:20170502014212j:plain

私は、展望台のグッズショップで、上記写真の左2つ、「フレークステッカー」と「デッドプールのミニフィギュア」を買い、50階の「MARVEL 六本木ヒルズ ホットトイズストア」で右2つ、「デッドプールぬいぐるみ」と「キャプテン・アメリカぬいぐるみ」を買いました。

 

マーベル映画好きにはオススメの展示ばかりでしたので、開催期間中にぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

目頭切開・二重全切開の経過 【0日目】

本日、2017年4月30日。

二重の全切開手術を行ってきました。f:id:ritsuka00:20170430220753j:plain

もう、一時的に二重にするメザイクや、ローヤルアイムは必要ないですね。

ということで、二重生成グッズは捨てました。

 

  •  手術前日の心境
  • 手術当日【手術まで】
  • 手術
  • 手術後

 

手術の状況説明や、目元写真があるので、一旦区切ります。 

続きを読む

LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)よりもミュージカル!? ディズニー実写映画 『美女と野獣』 感想

f:id:ritsuka00:20170427225518j:plain

昨日、レイトショーにて、ディズニーの実写映画「美女と野獣(字幕版)」を観てきました。

 

トーリーの展開を知っていても、とっても感動しました。

 

~あらすじ~

ある城に、醜い野獣の姿に変えられてしまった王子がいた。

一輪のバラの花びらがすべて落ちて散るまでに、心から愛し愛される誰かを見つけることが出来なければ、永遠に人間には戻れなくなる魔女の呪いをかけられていたのだった。

希望を失いかけていたところに、村に住む美しい娘ベルが現れ、変化をもたらす…?

見どころ

 ①音楽

特に歌唱曲が素晴らしかったです。

ディズニーアニメーションの「美女と野獣」を見たことがある方なら、一度は聞いたことのある曲たちが網羅されています。(更に3曲ほど新曲がプラスされているようです)

少し前に話題となった「LA LA LAND」も、ミュージカルとして推されていましたが、こちらの「美女と野獣」の方が曲数が多いです。

 

②主役のエマ・ワトソンの魅力

「村一番の美女で変わり者」というイメージにぴったりでした。

凛として、自分の意思をしっかりもっている、ベルという女性を、ブレることなく演じていたように思います。

また、一番のメインである、ベルと野獣の2人だけのダンスシーンでの、黄色のドレス姿がとっても似合っていました。

 

③ベルの父親の過去の話

ディズニーアニメーションの「美女と野獣」では描かれなかった、ベルの父親の過去が、今回の映画では追加されています。

父親の過去の話があることによって、ベルと野獣の距離が近づき、観ている側もより感情移入しやすかったと思います。

 

その他

野獣がベルに惹かれていき、野獣がだんだんと本来の人間味を取り戻していくのですが、つぶらな目の輝きが、ダン・スティーヴンス(野獣・王子役の俳優)のもともとの目の形・青さを活かしていてよかったです。

ほとんどCGの野獣の姿とはいえ、演じるのは誰でも良かったわけではないのだなと感じました。

 

ルーク・エヴァンスのガストンも、アニメーションのガストンほどマッチョではないですが、傲慢さが前面に出ていました。

また、ガストンの子分の一人が、同性愛者であるということが、公開前に話題に上がっていましたが、特に露骨な表現はなかったです。

 

野獣とともに、城で暮らしている、呪いをかけられた骨董品達も個性的でした。

野獣とベルを後押しするところや、殴りこんでくる村人たちとの戦い、呪いが永遠になりかけたとき、呪いが解けた後などのやりとりが素敵で、アニメーションで見たときよりもより感情移入していたかも。

 

…もっとたくさん言いたいことはありますが、

期待の更に上を行く映画でした。

ゴールデンウイークに映画館でぜひ。

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

見られるのは最初で最後?『ミュシャ展』 に行ってきました。

先日、国立新美術館で、2017年3月18日~6月5日まで開催中の「ミュシャ展」に行ってきました。

f:id:ritsuka00:20170425214957j:plain

今回の展示では、「スラヴ叙事詩」という、歴史画の大作20作品をメインに見ることが出来ます。

チェコ国外で20作品が一度に展示されるのは、今回の日本での展示が初めてらしいです。

最初で最後の機会かもしれないので、本当に貴重な体験が出来ました。

 

展示室の入口では、音声ガイドを520円で貸し出ししているので、絶対に借りた方が良いです。

音声ガイドは、ナビゲーター:檀れいさん・ナレーター:三宅健太さんで、28作品の画の解説を行っています。(解説時間35分)

画の横に番号があり、その番号を音声ガイドの機器に入力すると、その番号の画の解説が聞けます。

 

特に、今回の目玉の「スラヴ叙事詩」の解説は、歴史背景や、どんなシーンを描いているのか、どんな意図があるのかなど、見るだけでは分からないことが分かるので、より画の世界を楽しめます。

 

また、一部の作品は、写真撮影OKなところもありました。

画の展示作品を写真撮影して良いなんて、本当に珍しいことですよね。

f:id:ritsuka00:20170425222751j:plain

↑ スラヴ叙事詩の一部の作品です。↓

f:id:ritsuka00:20170425222905j:plain

どの作品もとても大きく、見ごたえがあります。

またミュシャといえば、デザインセンスもピカイチで、華やかな舞台の宣伝ポスター等の画も展示されていました。

パステル調の色使いがとても好きです。

f:id:ritsuka00:20170425223431j:plain

そして、最初は買うつもりは全くなかったのに、最後にはマスキングテープ、ポストカード、チケットファイルを買っていました。

 

ミュシャ展に行こうかなぁと少しでも考えている方は、ぜひ行って下さい。

というか、行かないと後悔してしまうかも???

ゴールデンウイークや休日は、混んでいてゆっくり見ることが出来ないかと思われますので、平日に行くことをオススメします。

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

はじめてのエラボトックス注射をしてきました。

次回から、ようやく矯正装置の取り付けが始まる矯正歯科にて、

食いしばり、歯ぎしり

をしていると言われた私です。

 

今まで知らなかったことなので、指摘されて嬉しかった半面、寝るときに装着する、食いしばり、歯ぎしり防止用のマウスピースを渡され、そこまでするほど酷いのかと少し落ち込みもしました。

 

そこで、エラボトックス注射をすることに決めました。

 

なぜかというと以前、美容・整形関係を調べていて、エラボトックス注射は、

小顔効果だけでなく、

食いしばり、歯ぎしり軽減にもなると知ったからです。

 

エラボトックス注射は、

顔のエラ部分に、筋肉の働きを抑える作用を持つ薬剤を注入します。

筋肉の働きが抑えられることにより、エラ部分が小さくなり、小顔になる・食いしばりや歯ぎしりが軽減されると言われています。

【筋肉の動きを完全に止めるわけではないので、日常生活(会話や食べ物の咀嚼)には影響はありません。 】

 

 

 カウンセリングへ

 目星をつけていた、とあるクリニックを当日施術希望で予約し、カウンセリングに行きました。

他のお客様と会わないように、カーテンで仕切られた個室へ案内され、簡単な問診票と同意書を記入。

 

その後、診察室兼施術室へ案内され、先生と対面。

長身で、笑顔が爽やかな、男性の先生でした。

カウンセリングでは正直に、

・食いしばり、歯ぎしりで悩んでいること

・エラボトックス注射をすることで、食いしばりや歯ぎしり軽減と、小顔になる効果を望んでいること

・実施するにあたり、顔が丸く頬骨が張り、歪んでいるので、実施して大丈夫か少し不安であること

を伝えました。

 

回答としては、

調べていた通り、食いしばり、歯ぎしり軽減になり、小顔効果もある。

顔の感じを見る限り、実施して問題ないとのことでした。

 

自分なりに納得したので、施術料金を支払い、当日施術をしてもらうことに。

 

エラボトックス注射の薬剤の種類

このクリニックでは、エラボトックスで注入する薬剤の種類が3種類ありました。

「ニューロノックス」「ボトックスビスタ」「ゼオミン」の3つです。

 

「ニューロノックス」:韓国製で料金は安い。

成分は、ボトックスビスタと似ている成分が入っているとのこと。

 

「ボトックスビスタ」:アメリカ製でこれが一般的。

日本の厚生労働省からも認可を受けていて、安全性がとても高い。

 

「ゼオミン」:ドイツ製で料金は高い。

ボトックスビスタでは、抗体が作られると効果が薄れるという問題があり、その問題を解決できる(より抗体が作られにくい成分が入っている)のがこれ。

 

今回、私は「ボトックスビスタ」を選択しました。

 

いよいよ施術へ

 エラ部分の化粧を簡単に落とした後、再度、診察室兼施術室へ案内され、いよいよ注射へ。

 

その前に一応、顔写真を撮られます。(次回の経過観察用?)

そして、診察台に寝転がり、先生とお話ししながら、オプションで付けた笑気ガスを吸います。

笑気ガスは、注射時の痛みを軽減させるものです。

お酒に酔った時のようなフワフワとした感じになり、ガスが効いてきたところで、注射部分を少し冷やしてから、エラ部分にそれぞれ1度ずつ注射。

 

・・・ぜんぜん痛くありませんでした。

部屋に入り、顔写真を撮るところから注射終了まで、5分もかからなかったと思います。

終了後はすぐに帰宅してOKでした。

 

施術後

帰り道に、恐る恐る注射したところをそっと触ってみると、薬剤を注入したからか、若干膨らんでました。

効果が出るのは、1か月後くらいからだそうです。

 

また、1回だけでは効果は薄く、季節ごと位の間隔で注射すると良いとのこと。

小顔マッサージに行きたい場合は、注射後10日以降であればOK。

(小顔マッサージにも行きたいなぁと考えていたので、つい質問してしまいましたが、優しく答えてくださいました。)

 

施術後から1時間後、食事をしましたが、なんだか「顎がかなり疲れてる!?」と分かるくらい咀嚼がしづらかったです。

しかし、口が開かない、食べられないというほどではなく、会話も問題なかったです。

さっそく効果が出ているのかも?

 

また3・4か月後くらいに、同じ先生に注射してもらいたいと思えるクリニックでした。

まずは、1か月後の状態を楽しみにしています。

 

 

後日、「整形を考えている方へ」という記事を新たに書きました。

こちらもぜひ、合わせて読んで頂ければ幸いです。↓↓


 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩