自分を愛したら、人生変わった。

美容と映画と本と、自分を高めるものたち。

ガストでゆったりするなら、絶対「朝」がオススメ!

先日の日曜日の朝、以前から行きたかったファミリーレストラン「ガスト」に行ってきました。

ガストへは、行ったことがないわけではありませんが、に行くのは初めてでした。

そう、モーニングメニューを食べるために!!

 

ガストのモーニング

ガストでは、午前10:30までモーニングメニューを提供しているんです。

(店舗によっては、モーニングを実施していない店舗もあるようです)

私の家の近所のガストでは、午前7:00~午前10:30までがモーニングメニューの提供時間であった為、午前7:10頃にお店に行きました。

 

朝の店内の様子

朝の店内はガラガラで、お客さんはまばら。

普段の日中の盛況ぶりを知っていると、その差に少し驚きます。

入店してすぐに、好きな席に座って良いと案内され着席。

着いた席のテーブルの上には、メニューと新聞が。

f:id:ritsuka00:20170626204635j:plain

新聞も置いてくれているのは、嬉しいサービスですね。

私はいつもは新聞を読まないのですが、メニューを注文した後の待ち時間に、思わず読んでしまいました。

 

モーニングメニュー

メニューはこんな感じです。

f:id:ritsuka00:20170626205107j:plain

洋食も和食もあり、ボリュームも良い感じ。

目玉焼きや、スクランブルエッグ等、卵を使った料理が多いですね。

まさに朝食メニュー。

 

今回食べたかったメニュー

そして、私の今回のお目当てはコレ!!

f:id:ritsuka00:20170626210145j:plain

「とろけるフレンチトーストセット」(日替わりスープ・ドリンクバー付き)499円 593kcal

どうやらとろけるらしい。

セットがかなりお得そうだったので、セットにし、更にコレも頼んでしまいました。

f:id:ritsuka00:20170626210541j:plain

「ちょい盛りポテトフライ」199円 382kcal

甘いものを食べたら、絶対にしょっぱいものも欲しくなると思ったので。

 

注文したメニュー

注文後、5分~10分ほどで、出来上がったものがテーブルに届きました。

f:id:ritsuka00:20170626210903j:plain

熱々のスキレットに乗った、半熟めのフレンチトーストが美味しそう。

 

フレンチトーストを食べてみた

f:id:ritsuka00:20170626211430j:plain

はちみつ入りのメープルシロップをかけて頂きます。

さて、食感は・・・

f:id:ritsuka00:20170626211617j:plain

ふわふわ、というより「とろとろ」!!

パンの形をしたプリンのようなとろけ感!!!

まさに商品名通りにとろけてます!!!!

f:id:ritsuka00:20170626211840j:plain

卵によく浸かっていたのかな?

ナイフとフォークで切り分ける時点で、すでに柔らかさが分かりました。

 

ポテトフライを食べてみた

そして甘さを味わった後のポテトフライ。

f:id:ritsuka00:20170626212334j:plain

太めのポテトの外側は、少しカリッとしていて、中はホクホク。

マヨネーズとケチャップの付け合わせソースも癖になりそう。

1人で食べるには、ちょい盛りの量で充分でした。

 

大満足のモーニング

いつもと雰囲気の違う店内で、新聞を読みながら、甘ーいフレンチトーストと少ししょっぱいポテトフライを味わう。

久々に時間を忘れて、朝食を静かに楽しんでいました。

1人でな。。。

日中のメニューも良いけれど、モーニングメニューもとっても美味しかったです。

次は和食メニューを食べに行こうかな。

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

色移りが気になる?デザインも色味も可愛い、スナイデルのミニボストン付き 『Sweet 2017年7月号』。

最近の雑誌は付録戦争ですね。

付録が魅力的かどうかによって、売上が左右される世界。

そんな争いの最中、私も付録のミニボストン目当てで、買ってしまいました。

Sweet(スウィート) 2017年 7 月号」を。

 

宝島社「Sweet」2017年7月号

 

f:id:ritsuka00:20170625234616j:plain

表紙は小嶋陽菜さん。

鈴木えみさんの夏メイクレッスンや、美容マニアによるベストコスメ紹介、夏服の着回し術など、盛りだくさんな233ページの冊子です。

内容は後でじっくり読んで、次回のコスメ買い替えの参考にします。

さて、今回のお目当ての付録を開けてみます。

f:id:ritsuka00:20170625235935j:plain

実は私、バッグの付録に惹かれて雑誌を買うのは初めてなんです。

なので、どんな感じなのかドキドキ。

今は本屋さんで、付録の見本が展示してあったりもしますが、今回のこの冊子の付録は展示されていなかったので、実物を見るのもこれが初めてになります。

f:id:ritsuka00:20170626000302j:plain

簡易な段ボールに包まれた小さな箱から取り出すと、実物が見えてきました。

snidel(スナイデル)のミニボストン

 

f:id:ritsuka00:20170626000525j:plain

思ったよりも大きめで、お財布と比べるとこんな感じ。

タテ:13cm

ヨコ:20.5cm

マチ:10cm

ストラップ:全長120cm

ベビーピンクの控えめな色がとっても可愛らしいです。

ストラップは取り外し出来るので、手持ちタイプでも使えます。

f:id:ritsuka00:20170626002215j:plain

お財布も、スマートフォンも、文庫本も入って、まだ少し余裕があります。

ミニポケットは内側にも外側にも付いていないので、気にされる方はご注意を。

残念な点は、色移りがあること

f:id:ritsuka00:20170626001250j:plain

ショルダータイプとして一度使ってみたところ、ブラックの部分が擦れて色移りしてしまいました。

最初から他の部分にも少し、ベビーピンクの布地部分に薄い黒の汚れがありました。

f:id:ritsuka00:20170626001718j:plain

拭いてみると、完全にではないですが、汚れが落ちました。

どんなバッグも、使っていれば汚れてはくるので、私としては許容範囲内ですね。

だって、233ページの冊子と、このミニボストンで、

880円なんですもの。

そう考えたら、とても優秀なのではないでしょうか。

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

つけて楽しい&美味しい 『明治 ヤンヤンつけボー』

お菓子コーナーで、ふと目に入ったこのお菓子。

明治 ヤンヤンつけボー 255kcal

f:id:ritsuka00:20170624093528j:plain

子どもの頃によく食べてたなぁ。

…と、気づいたら買っていました。

前から思っていましたが、なぜパンダのイラストなんだろうか?

そしてヤンヤンとは?

色々気になってきましたが、今は食べることを優先。

f:id:ritsuka00:20170624093924j:plain

クラッカースティックが13本入っていて、スティックにチョコクリームとトッピングを付けて食べます。

スティック13本て、意外と多いですね。

f:id:ritsuka00:20170624094128j:plain

スティックの表面に、簡単なクイズがついてました。

全部のスティックに違うクイズが書かれているので、考えながら楽しんで食べることができます。

f:id:ritsuka00:20170624094305j:plain

チョコクリームが昔懐かしい甘さ控えめの味で美味しい。

13本食べるのもあっという間です。

チョコクリームとトッピングを最後まで楽しむために、付ける量の調整が難しい。

少しずつ付けていたので、最後はチョコクリームとトッピングが結構残りました。

ちょっとお行儀が悪いですが、指で残りのチョコを舐めちゃいました。

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

 

ポテトチップスのピザ味といえばやっぱりこれ! 『カルビー ピザポテト』

じゃがいも不作の関係で、一時期販売を休止していた『カルビー ピザポテト』。

6月19日から復活し、販売が再開されました。

待ちに待っていたわけではないのですが、とっても食べたくなったので、買ってみました。

カルビー ピザポテト 348kcal

f:id:ritsuka00:20170624084941j:plain

これこれ、このパッケージ。

ちょっと見なかっただけなのに懐かしさが。

f:id:ritsuka00:20170624085413j:plain

ポテトチップスの一部に、チーズの塊がついています。

チーズのついている箇所に偏りがあるのもご愛敬。

f:id:ritsuka00:20170624090214j:plain

ザックリ食べると、お馴染みのピザの風味が!

この風味はピザなのか、ピザでないのか議論が時々頭の中で巡りますが、結局ピザだなという結論に落ち着きます。

ただ、パッケージに書いてあるとろーりチーズ感はなかったかな。

 

 ⇩よろしければこちらもお願いします⇩

 

美容室の重要性を身をもって知った話(2017年6月23日)

女性であるかぎり髪が綺麗なのは、美人への一歩

今日は、身をもってそう感じました。

 

美容室に行かなかった理由

今まで行っていた美容室が、2年ほど前になくなり、それから自分で髪の手入れをしていました。

自分で髪を切り、ゴワゴワしているなと感じたら、市販のトリートメントを使い、なんとかごまかしていました。

市販のトリートメントもかなり優秀で、私の救世主は「プロカリテ」のトリートメントでした。

1000円以内で買えて、髪の仕上がりも良く、なんといっても即効性があります。

そんなお手頃救世主に甘えすぎてしまった私は、「なんだ、自分で出来るじゃん。」と勘違いし、

・髪型なんて、そんなに他人に見られていない

・いつも同じ髪型だから、自分で切っても変わらない

・似合わない髪型になっても、切るのを失敗しても自己責任だからいいや

・美容室はお金がかかる

・美容師さんと話すのが苦痛

…とこんな理由を並べ立てていたのです。

 

美容室に行こうと思った理由

騙し騙しなんとかやってきた私の髪も、そろそろ限界がきたのか、

・どんなにトリートメントをしても、ゴワゴワしっぱなし

・全体的に髪が痛んできた

そして一番大きな理由が、

「2017年、美容と整形と色々頑張っているのに、一番日常的に目につくであろう髪には無頓着だったな」

と、ふと思ったからでした。

 

芸能人と比べてしまうと、月とスッポンですが、髪が綺麗な人ってポイント高いですよね。

私は以前、こんな記事を書いていました。

 とある2人が、同じ香りのヘアトリートメントを使っていたとします。

髪がボサボサな人と、髪がうるツヤな人とでは、

髪がうるツヤな人の方が、より良い香りがしそう

だと思いませんか?

 

今まで並べ立てていた「美容室に行かなかった理由」が、どんなに愚かな考えだったのかと、急に後悔し始めました。

そして気がついたら「ホットペッパービューティー」で、仕事後に行ける美容室をぽちっと予約していました。

これが2日前の話。

 

いざ、美容室へ

初めて行く美容室だったので、緊張していましたが、着いてしまえばもうどうにでもなりますね。

美容師さんには正直に、2年ほど自分で髪を切り、手入れをしていたことを話しました。

とりあえず今回は、バラバラになっている髪を揃えてもらうのと、トリートメントでゴワゴワ感を和らげてもらうことになりました。

自分では切ることが出来ず、伸ばしていた前髪もどうするか相談し、顔のラインにそって顎くらいまでで切ってもらうことに。

 

改めて感じたこと

 いやぁ、誰かに髪を洗ってもらうのって、こんなに気持ちよかったんですね。

自分で髪を洗うと、ちょっとさっぱりはしますが、毛穴の汚れが取れるようなさっぱり感まではいかなかったのに、洗ってもらうとあらサッパリ!!

そして、髪を切ってもらった後は、頭が軽い!!!

美容師さんとのお話しも、無理して話そうとしなくても良かったし、ドライヤーで髪を乾かしてもらっているときは、仕事の疲れもあり、寝てしまいそうでした。

 

どんな感じになったか

切ってもらう前の髪↓↓

f:id:ritsuka00:20170623233241j:plain

 はい、ぼさぼさです。

後ろから見ると、やはり髪が切り揃ってないのが丸分かりですね。

そして、

切ってもらった後の髪↓↓

f:id:ritsuka00:20170623233449j:plain

するっとまっすぐになっています。

私が自分で切っていた時の髪の長さが長い部分と短い部分とあり、バラバラだったので、なるべく揃えてもらうようにお願いし、こんな感じになりました。

 

 ヘアケア用品の購入

今回は、カットとトリートメントだけで、買うつもりはなかったのですが、髪を乾かす際にお試しでつけてもらったら、かなり良い感じだったのと、割引があるとのことで、購入してしまいました。

f:id:ritsuka00:20170623235236j:plain

株式会社ミルボンの「エルジューダ メロウセラムのヘアトリートメント。

おまけでコームももらっちゃいました。

f:id:ritsuka00:20170623235436j:plain

髪を乾かす前に、髪の根元からつけて使います。

私の髪型はショートではないのですが、1回の使用は2プッシュで十分とのこと。

とりあえずしばらくは、今回綺麗にしてもらったツヤツヤ髪を維持していきます。